SULECO 施設設備 <その他>

スレコの職業訓練施設内は、教室や訓練施設の他に、各種の施設で充実しています

Picture4

Picture5

  • 会社案内
  • 一連の流れ <募集から送り出しまで>

    技能実習生の流れ・プロセスは以下の通りです。 募集: 技能実習生制度をベトナムおよび日本の両サイドにおいて成功させる最大のポイントは、いかに素晴らしい技能実習生を集めるか、という点にあります。 スレコは、多様な方法により優れた資質を持つ技能実習の候補生をベトナム各地から募集しています。 広告宣伝による募集 日本の方はよく驚かれるのですが、ベトナムでも広告を通じての募集が一番盛んです。スレコも例外ではなく、他機関でも多く行われている広告宣伝による募集に力を入れています。 広告の際に、スレコは、①長い歴史 ②これまでの実績、③恵まれた環境、④帰国後のキャリアパス、など他機関との違いなど未来の技能実習生候補にアピールできる点をたくさんもっています。 各種学校との提携 ベトナム各地の学校、特にホーチミンが位置する南部地域の各種の学校と提携しており、そこからの卒業生などを受けいています。 人材業者との協力 学校の他に人材関連の業務を行っている他会社を通じて募集することもあります。 就職フェアやセミナーを通じて ベトナムでは就職セミナーなど結構盛んです。スレコが自ら主催するセミナーや、他社主催のセミナーに参加して募集します。 スレコは上記の多様な募集方法で、各方面から有能な人材を集めることに注力します。 選考: 各種の募集媒体により集まってきた技能実習生候補は、今後の教育に耐え得る能力をもっているか、また健康なのか、日本という異国にいってやっていけるだけの対人能力を持っているのか、精神的な強さを兼ね備えているのか、などの各観点から判断して、選考しています。 教育<選抜前・一般>: スレコは教育に重きを置いています。 選抜: 日本の受け入れ企業のご要望に基づいて、在籍している実習候補生の中から選抜していただきます。 […]

  • 沿革

      SULECO スレコ)社は、ベトナム政府の中央直轄市であるホーチミン市人民委員会によって、“労働・疾病・社会問題部署”という名称の公的機関として、1981年に設立されました。   *スレコは国営企業として“ベトナムで最初に”技能実習生の派遣を開始した機関です。 スレコ社は労働者・実習生をベトナムより次の海外各国へ送り出しています: 東アジア:   日本、韓国、台湾 東南アジア:   シンガポール、マレーシア 中東:  アラブ首長国連邦、サウジアラビア 西ヨーロッパ:  ポルトガル 北米:  アメリカ、カナダ オーストラリア:  オーストラリア、ニュージーランド 1981年の設立時より、今まで延べ40,000人を超える数の実習生と技術者を送り出しています。 […]

  • CEOの挨拶

      CEO: Le Thi My Hanh (レ チ ミ ハン) スレコのモットーは、全従業員のサービス品質を高め、パートナーとなってくださる皆様のために付加価値を提供することです。 スレコが目標としているのは以下です: –          人材紹介&訓練の分野においてベトナムで最大の企業となること。 –          ビジネスを行う中での日本の価値と先端技術を取り入れて、ベトナムの文化と経済をより豊かにすること。 –         ベトナムと日本との関係を強化すること。スレコのコアな価値は、人間としての修養と効率性のアップです。