SULECOの ネットワーク

Picture5

  • Banner03
  • 日本にいる間の サポート体制

    日本にいる間のサポート体制: スレコのベトナム本社と日本駐在員事務所が協力して、日本に滞在している技能実習生の定期的な情報収集に努めます。 ベトナムの実習生の家族に日本での実習生状況を報告する体制を整えています。 そして、問題があった時、早急に監理組合、受け入れ企業の方々と協議しながら、問題解決に向けて対応していきます。 スレコ ⇔ 技能実習生 スレコ本社と技能実習生はFACEBOOKのページでつながっています。 技能実習生が日本に到着すると、スレコはすぐに技能実習生の家族に到着したことを伝えます。 その後、技能実習生は、スレコのFACEBOOKにアップロードすることが求められています。   そうすることによって、技能実習生のベトナムにいる家族達は、技能実習生の日本での生活の様子をタイムリーに知ることができます。 スレコ ⇔ 監理組合様 スレコ駐日事務所にメンバーが待機しており、問題発生するとすぐに対応する体制を整えています。 スレコ本社のメンバーが、年に3-4回訪問して、さまざまな問題について話し合います。   スレコ ⇔ 受け入れ企業様 Øスレコ本社より季節のご挨拶のカードを送ります。 ベトナム帰国後のサポート体制: スレコは、技能実習生が日本からベトナムに戻った後も、サポートを続けるために、『ジョブセンター』を設置しています。 せっかく日本で色々な技術を身につけ、また日本語の能力も向上させてベトナムに帰国するわけです。 それらを活かせるベトナム企業、またはベトナムに進出している日系企業などへの就職を斡旋します。

  • SULECO 専門学校

    SULECOは、日本に送り出す前に出来るだけ質の高い教育を技能実習候補生たちに提供するために、2003年6月にベトナムの送り出し機関の中で最大級の職業訓練施設である「スレコ職業訓練専門学校」を設立しました。 概要  住所  ベトナム ホーチミン市 9区  面積  1.3 ha  施設 教室 (最大30教室) 視聴覚室 図書館 実習現場(溶接、縫製、料理、食品、農業、機械、電子等 介護は現在準備中) 寮 (600人収容) 食堂 (600人が一度に食事可能) 事務所 大会議場 (舞台付) 公園 (日本庭園建設準備中) 運動場 (サッカー場など) 日本文化交換センター(開設準備中) […]

  • 食品衛生に関する教育

    スレコは各分野の職業教育に力を注いでいますが、中でも近年注目度が高い食品分野での教育には、特に力を注いでいます。 2015年度より、食品分野にて、惣菜および牛豚肉処理の職種が新たに技能実習生制度に追加されました。 個人衛生 (前編・後編) 食中毒の基礎知識 食品の温度と時間管理 食品衛生の5S 洗浄と殺菌(サニテーション) 多くのベトナム人にとって食品の衛生に対する考え方は、日本人とは異なります。 このため、日本に行く前に、食品衛生に関する基礎的な考え方、手洗いの重要性など、豊富な実例とビデオなどを使用して、事前に勉強します。 こうすることによって、日本に行って事故を起こさぬように徹底します。 目視できれいに見えても、ブラックライトを浴びせることにより、汚れを浮かび上がらせます。 唾液1ccの中にどのくらいの雑菌が含まれているか?など、クイズ形式で勉強します。