• leesvn

    (Suleco Vietnam)

leesvn:

  • 0

    SULECO 施設設備 <教室など>

    スレコの職業訓練施設内には、通常の教室が30あります。 その他に視聴覚室など、また実習用の各教室があります。 さらに、スレコの職業訓練施設内には、実習現場として、溶接、縫製、料理、食品、農業、機械、電子等の各特殊教室があります

  • 0

    SULECO 専門学校

    SULECOは、日本に送り出す前に出来るだけ質の高い教育を技能実習候補生たちに提供するために、2003年6月にベトナムの送り出し機関の中で最大級の職業訓練施設である「スレコ職業訓練専門学校」を設立しました。 概要  住所  ベトナム ホーチミン市 9区  面積  1.3 ha  施設 教室 (最大30教室) 視聴覚室 図書館 実習現場(溶接、縫製、料理、食品、農業、機械、電子等 介護は現在準備中) 寮 (600人収容) 食堂 (600人が一度に食事可能) 事務所 大会議場 (舞台付) 公園 (日本庭園建設準備中) 運動場 (サッカー場など) 日本文化交換センター(開設準備中) […]

  • 0

    シナジー

    スレコは国営企業として1981年にベトナムで最初に技能実習生派遣を始めました。 伝統と実績がある同社を、2014年に民間投資グループであるホアン ロック ベトグループがM&Aにより獲得しました。 ホアン ロック ベトグループはベトナム国内にて、銀行、証券、その他金融、公益サービス、航空サービスなど、様々な分野の会社を有しています。 ホアンロックベトグループは、スレコの事業拡大を達成するために、連携および協力を強化していきます。 ホアン ロック ベトグループは、より確固たる資源と透明性、公共の信頼性を高める目的で、ベトナムの送り出し機関として初めてスレコ社をUpCom証券取引所への上場を果たしました。

  • 0

    CEOの挨拶

      CEO: Le Thi My Hanh (レ チ ミ ハン) スレコのモットーは、全従業員のサービス品質を高め、パートナーとなってくださる皆様のために付加価値を提供することです。 スレコが目標としているのは以下です: –          人材紹介&訓練の分野においてベトナムで最大の企業となること。 –          ビジネスを行う中での日本の価値と先端技術を取り入れて、ベトナムの文化と経済をより豊かにすること。 –         ベトナムと日本との関係を強化すること。スレコのコアな価値は、人間としての修養と効率性のアップです。

  • 0

    日本語教育

    ① 日本語教育 当たり前ですが、ベトナムから日本に技能実習に行くわけですので、できるだけ日本語が出来てから行くに越したことはありません。 したがって、ベトナムの各送り出し機関はどこも、日本語教育には力をいれています。 しかし、多くの送り出し機関は、ベトナム人の日本語教師のみ、もしくは日本人の先生がいたとしても、せいぜい非常勤の講師が1人体制、というのが実情です。 ベトナム語の発音は、日本語とは大きく異なります。したがって、ベトナム人の日本語教師だけでは、発音を正しく身につけることは困難です。 しかし、逆に日本人の日本語教師だけでは、ベトナム人の技能実習生たちにとって、日本語の文法を初歩から勉強する時にわかりづらくなります。 このため、スレコでは、発音などの専任の日本人による日本語教師およびベトナム人の日本語教師の体制にて、日本語教育にあたっています。 SULECOの日本人の日本語教師は1人ではなく、複数在籍することにより、さらに多様な教育を可能にしています。(現在は3名)

  • 0

    教育に対する 考え方

    スレコは、教育こそが送り出し機関にとって最も優先すべき項目と考えています。 だからこそ、ベトナム最大級の職業訓練施設を2003年に作りました。 しかし、言うまでもなくハード面だけ整えても、肝心のソフト(コンテンツ)が伴わなければ、まったく意味がありません。 スレコは、教育を以下の3つのパートに分けて、実行する体制を整えています: ① 日本語教育 ② 日本における生活の仕方 ③ 職業訓練教育

  • 0

    食品衛生に関する教育

    スレコは各分野の職業教育に力を注いでいますが、中でも近年注目度が高い食品分野での教育には、特に力を注いでいます。 2015年度より、食品分野にて、惣菜および牛豚肉処理の職種が新たに技能実習生制度に追加されました。 個人衛生 (前編・後編) 食中毒の基礎知識 食品の温度と時間管理 食品衛生の5S 洗浄と殺菌(サニテーション) 多くのベトナム人にとって食品の衛生に対する考え方は、日本人とは異なります。 このため、日本に行く前に、食品衛生に関する基礎的な考え方、手洗いの重要性など、豊富な実例とビデオなどを使用して、事前に勉強します。 こうすることによって、日本に行って事故を起こさぬように徹底します。 目視できれいに見えても、ブラックライトを浴びせることにより、汚れを浮かび上がらせます。 唾液1ccの中にどのくらいの雑菌が含まれているか?など、クイズ形式で勉強します。