組織図

 

SULECO会社の組織図SƠ ĐỒ TỔ CHỨC CTY

  • 一連の流れ <募集から送り出しまで>

    技能実習生の流れ・プロセスは以下の通りです。 募集: 技能実習生制度をベトナムおよび日本の両サイドにおいて成功させる最大のポイントは、いかに素晴らしい技能実習生を集めるか、という点にあります。 スレコは、多様な方法により優れた資質を持つ技能実習の候補生をベトナム各地から募集しています。 広告宣伝による募集 日本の方はよく驚かれるのですが、ベトナムでも広告を通じての募集が一番盛んです。スレコも例外ではなく、他機関でも多く行われている広告宣伝による募集に力を入れています。 広告の際に、スレコは、①長い歴史 ②これまでの実績、③恵まれた環境、④帰国後のキャリアパス、など他機関との違いなど未来の技能実習生候補にアピールできる点をたくさんもっています。 各種学校との提携 ベトナム各地の学校、特にホーチミンが位置する南部地域の各種の学校と提携しており、そこからの卒業生などを受けいています。 人材業者との協力 学校の他に人材関連の業務を行っている他会社を通じて募集することもあります。 就職フェアやセミナーを通じて ベトナムでは就職セミナーなど結構盛んです。スレコが自ら主催するセミナーや、他社主催のセミナーに参加して募集します。 スレコは上記の多様な募集方法で、各方面から有能な人材を集めることに注力します。 選考: 各種の募集媒体により集まってきた技能実習生候補は、今後の教育に耐え得る能力をもっているか、また健康なのか、日本という異国にいってやっていけるだけの対人能力を持っているのか、精神的な強さを兼ね備えているのか、などの各観点から判断して、選考しています。 教育<選抜前・一般>: スレコは教育に重きを置いています。 選抜: 日本の受け入れ企業のご要望に基づいて、在籍している実習候補生の中から選抜していただきます。 […]

  • FAQ

    1991年に30の日本の協同組合と技能実習における協定を結んで以来、スレコ社は実績を積み重ねてきました。 今まで10,000名を超える技能実習生や技術者を、約300社の日本の企業に対して送り出してきました。 現在、協定を結んでいる組合数は100を超えます。 この累積の人数は、ベトナムの送り出し機関の中でも『最大級』であり、スレコは日本市場、そして日本の企業および組合の皆様のご要望に関する長年の経験を有しています。

  • SULECO 施設設備 <その他>

    スレコの職業訓練施設内は、教室や訓練施設の他に、各種の施設で充実しています

  • 日本にいる間の サポート体制

    日本にいる間のサポート体制: スレコのベトナム本社と日本駐在員事務所が協力して、日本に滞在している技能実習生の定期的な情報収集に努めます。 ベトナムの実習生の家族に日本での実習生状況を報告する体制を整えています。 そして、問題があった時、早急に監理組合、受け入れ企業の方々と協議しながら、問題解決に向けて対応していきます。 スレコ ⇔ 技能実習生 スレコ本社と技能実習生はFACEBOOKのページでつながっています。 技能実習生が日本に到着すると、スレコはすぐに技能実習生の家族に到着したことを伝えます。 その後、技能実習生は、スレコのFACEBOOKにアップロードすることが求められています。   そうすることによって、技能実習生のベトナムにいる家族達は、技能実習生の日本での生活の様子をタイムリーに知ることができます。 スレコ ⇔ 監理組合様 スレコ駐日事務所にメンバーが待機しており、問題発生するとすぐに対応する体制を整えています。 スレコ本社のメンバーが、年に3-4回訪問して、さまざまな問題について話し合います。   スレコ ⇔ 受け入れ企業様 Øスレコ本社より季節のご挨拶のカードを送ります。 ベトナム帰国後のサポート体制: スレコは、技能実習生が日本からベトナムに戻った後も、サポートを続けるために、『ジョブセンター』を設置しています。 せっかく日本で色々な技術を身につけ、また日本語の能力も向上させてベトナムに帰国するわけです。 それらを活かせるベトナム企業、またはベトナムに進出している日系企業などへの就職を斡旋します。