沿革

 

Picture1

  • SULECO スレコ)社は、ベトナム政府の中央直轄市であるホーチミン市人民委員会によって、“労働・疾病・社会問題部署”という名称の公的機関として、1981年に設立されました。

  *スレコは国営企業として“ベトナムで最初に”技能実習生の派遣を開始した機関です

  • スレコ社は労働者・実習生をベトナムより次の海外各国へ送り出しています:
    • 東アジア:   日本、韓国、台湾
    • 東南アジア:   シンガポール、マレーシア
    • 中東:  アラブ首長国連邦、サウジアラビア
    • 西ヨーロッパ:  ポルトガル
    • 北米:  アメリカ、カナダ
    • オーストラリア:  オーストラリア、ニュージーランドPicture2

      1981年の設立時より、今まで延べ40,000人を超える数の実習生と技術者を送り出しています。

      *創立以来35年の経験の中で、労働者および技能実習生の送り出し機関として、ベトナム最大の規模を誇ります。

      2015年には民営化され、労働者および実習生の送り出し機関としては、初めてベトナムの証券市場(UPCOM)への上場を果たしました。

  • Banner03
  • Banner
  • シナジー

    スレコは国営企業として1981年にベトナムで最初に技能実習生派遣を始めました。 伝統と実績がある同社を、2014年に民間投資グループであるホアン ロック ベトグループがM&Aにより獲得しました。 ホアン ロック ベトグループはベトナム国内にて、銀行、証券、その他金融、公益サービス、航空サービスなど、様々な分野の会社を有しています。 ホアンロックベトグループは、スレコの事業拡大を達成するために、連携および協力を強化していきます。 ホアン ロック ベトグループは、より確固たる資源と透明性、公共の信頼性を高める目的で、ベトナムの送り出し機関として初めてスレコ社をUpCom証券取引所への上場を果たしました。

  • alt 2 組合の皆様へ

    スレコは、1991年に30の日本の協同組合と技能実習における協定を結んで以来、着実に実績を積み重ねてきました。 現在、協定を締結させて頂いている組合様は、100を超えます。 今までに総勢10,000名を超える技能実習生や技術者を、約300社の日本の企業に対して送り出してきました。 この実績は、ベトナムの送り出し機関の中でも『最大級』です。  今までの経験の蓄積の賜物です。 様々なタイプの問題・トラブルなども全て経験してきているがゆえに、また、それらに対する解決方法も併せて有しています。 スレコは日本の組合そして企業の皆様のご要望を最大限に汲み上げます。 組合の皆様のご負担がもっとも少なくなるよう、あらゆる角度から、対策を講じます。 スレコにお任せください スレコへのお問い合わせ、資料の請求は以下をクリックしてください。 または、下記へメール・電話をお願いいたします。 SULECOベトナム本社  担当:     メール、電話番号 SULECO日本駐在事務所  担当:    メール、電話番号