教育体制

  • 教育体制
  • 一連の流れ <募集から送り出しまで>

    技能実習生の流れ・プロセスは以下の通りです。 募集: 技能実習生制度をベトナムおよび日本の両サイドにおいて成功させる最大のポイントは、いかに素晴らしい技能実習生を集めるか、という点にあります。 スレコは、多様な方法により優れた資質を持つ技能実習の候補生をベトナム各地から募集しています。 広告宣伝による募集 日本の方はよく驚かれるのですが、ベトナムでも広告を通じての募集が一番盛んです。スレコも例外ではなく、他機関でも多く行われている広告宣伝による募集に力を入れています。 広告の際に、スレコは、①長い歴史 ②これまでの実績、③恵まれた環境、④帰国後のキャリアパス、など他機関との違いなど未来の技能実習生候補にアピールできる点をたくさんもっています。 各種学校との提携 ベトナム各地の学校、特にホーチミンが位置する南部地域の各種の学校と提携しており、そこからの卒業生などを受けいています。 人材業者との協力 学校の他に人材関連の業務を行っている他会社を通じて募集することもあります。 就職フェアやセミナーを通じて ベトナムでは就職セミナーなど結構盛んです。スレコが自ら主催するセミナーや、他社主催のセミナーに参加して募集します。 スレコは上記の多様な募集方法で、各方面から有能な人材を集めることに注力します。 選考: 各種の募集媒体により集まってきた技能実習生候補は、今後の教育に耐え得る能力をもっているか、また健康なのか、日本という異国にいってやっていけるだけの対人能力を持っているのか、精神的な強さを兼ね備えているのか、などの各観点から判断して、選考しています。 教育<選抜前・一般>: スレコは教育に重きを置いています。 選抜: 日本の受け入れ企業のご要望に基づいて、在籍している実習候補生の中から選抜していただきます。 […]

  • 募集、選抜、派遣

    ① 日本語教育 当たり前ですが、ベトナムから日本に技能実習に行くわけですので、できるだけ日本語が出来てから行くに越したことはありません。 したがって、ベトナムの各送り出し機関はどこも、日本語教育には力をいれています。 しかし、多くの送り出し機関は、ベトナム人の日本語教師のみ、もしくは日本人の先生がいたとしても、せいぜい非常勤の講師が1人体制、というのが実情です。 ベトナム語の発音は、日本語とは大きく異なります。したがって、ベトナム人の日本語教師だけでは、発音を正しく身につけることは困難です。 しかし、逆に日本人の日本語教師だけでは、ベトナム人の技能実習生たちにとって、日本語の文法を初歩から勉強する時にわかりづらくなります。 このため、スレコでは、発音などの専任の日本人による日本語教師およびベトナム人の日本語教師の体制にて、日本語教育にあたっています。 SULECOの日本人の日本語教師は1人ではなく、複数在籍することにより、さらに多様な教育を可能にしています。(現在は3名)  

  • SULECO 施設設備 <教室など>

    スレコの職業訓練施設内には、通常の教室が30あります。 その他に視聴覚室など、また実習用の各教室があります。 さらに、スレコの職業訓練施設内には、実習現場として、溶接、縫製、料理、食品、農業、機械、電子等の各特殊教室があります