教育に対する 考え方

スレコは、教育こそが送り出し機関にとって最も優先すべき項目と考えています。

だからこそ、ベトナム最大級の職業訓練施設を2003年に作りました。

しかし、言うまでもなくハード面だけ整えても、肝心のソフト(コンテンツ)が伴わなければ、まったく意味がありません。

スレコは、教育を以下の3つのパートに分けて、実行する体制を整えています:

① 日本語教育

② 日本における生活の仕方

③ 職業訓練教育

  • 経営哲学

    スレコ社は、ビジネスの拡大が重要であると理解し、ビジネスを行う上で人道的であることが、長期および持続可能な成長のための正しい道であると信じています。 労働者に優しく、親切に –  スレコ社はベトナム多くの労働人材を海外へと派遣することによって、その方々および家族の生活を向上させ、財政的状況を改善させるという貢献を果たしています。 –  また、日本での実習完了後ベトナムに帰国したのち、日本語の能力および技能実習経験を獲得した人材を、母国のベトナム社会に活躍してもらうことによって、ベトナムの社会にも貢献を果たします。 受け入れ企業、組合の方々に喜んで頂くために – 送り出しを予定する技能実習生に対しての候補者の適切な事前の研修プログラムを充実させることにより、受け入れ企業・組合の方々の満足度を高めます。

  • 会社案内
  • SULECOの ネットワーク
  • オペーレション体制