一連の流れ <募集から送り出しまで>

Picture1

技能実習生の流れ・プロセスは以下の通りです。

Picture2

募集:

技能実習生制度をベトナムおよび日本の両サイドにおいて成功させる最大のポイントは、いかに素晴らしい技能実習生を集めるか、という点にあります。

スレコは、多様な方法により優れた資質を持つ技能実習の候補生をベトナム各地から募集しています。

  • 広告宣伝による募集

  • 日本の方はよく驚かれるのですが、ベトナムでも広告を通じての募集が一番盛んです。スレコも例外ではなく、他機関でも多く行われている広告宣伝による募集に力を入れています。

広告の際に、スレコは、①長い歴史 ②これまでの実績、③恵まれた環境、④帰国後のキャリアパス、など他機関との違いなど未来の技能実習生候補にアピールできる点をたくさんもっています。
  • 各種学校との提携

ベトナム各地の学校、特にホーチミンが位置する南部地域の各種の学校と提携しており、そこからの卒業生などを受けいています。

  • 人材業者との協力

学校の他に人材関連の業務を行っている他会社を通じて募集することもあります。

  • 就職フェアやセミナーを通じて

ベトナムでは就職セミナーなど結構盛んです。スレコが自ら主催するセミナーや、他社主催のセミナーに参加して募集します。

スレコは上記の多様な募集方法で、各方面から有能な人材を集めることに注力します。

選考:

各種の募集媒体により集まってきた技能実習生候補は、今後の教育に耐え得る能力をもっているか、また健康なのか、日本という異国にいってやっていけるだけの対人能力を持っているのか、精神的な強さを兼ね備えているのか、などの各観点から判断して、選考しています。

教育<選抜前・一般>:

スレコは教育に重きを置いています。

選抜:

日本の受け入れ企業のご要望に基づいて、在籍している実習候補生の中から選抜していただきます。

それぞれの企業に合う適性を判断して頂くために、受け入れ企業特有のテスト方法などを行うことも可能です。

<例:手先の器用さを判断するために、鉛筆をナイフで削る、など>

また、それら特別な選考方法のためのツールなどもご用意いたします。

教育

  選抜後教育:

選抜後は各種企業の要望に沿った形式の教育内容を追加することも可能です。例えば、受け入れ企業の会社の歴史、社訓を覚えるなどのメニューも追加できます。

 派遣前の事前教育:

日本に行く前に実習生に準備することを丁寧に指導説明します。特に力を入れているのは、日本での生活の仕方について、です。

派遣

日本へ渡航するためのビザ取得や、その他ベトナム・日本の両政府に要求されている各種の書類作成を行います。

に渡航するための航空券の手配などを行います。

また、におhん行く前に実習生に準備することを丁寧に指導説明します。

Picture3

  • Banner04
  • 食品衛生に関する教育

    スレコは各分野の職業教育に力を注いでいますが、中でも近年注目度が高い食品分野での教育には、特に力を注いでいます。 2015年度より、食品分野にて、惣菜および牛豚肉処理の職種が新たに技能実習生制度に追加されました。 個人衛生 (前編・後編) 食中毒の基礎知識 食品の温度と時間管理 食品衛生の5S 洗浄と殺菌(サニテーション) 多くのベトナム人にとって食品の衛生に対する考え方は、日本人とは異なります。 このため、日本に行く前に、食品衛生に関する基礎的な考え方、手洗いの重要性など、豊富な実例とビデオなどを使用して、事前に勉強します。 こうすることによって、日本に行って事故を起こさぬように徹底します。 目視できれいに見えても、ブラックライトを浴びせることにより、汚れを浮かび上がらせます。 唾液1ccの中にどのくらいの雑菌が含まれているか?など、クイズ形式で勉強します。

  • 組織図

      SULECO会社の組織図

  • 職業教育

    ③ 職業訓練教育 多くのベトナムの送り出し機関は、日本語教育には力をいれても、職業訓練までは力が回りきれていないのが現状です。 スレコは、自社で充実した職業訓練のための施設をもち、技能実習生達が、日本で一早く適応できるよう各分野においての事前の教育に力を入れています 概要    職業訓練用各施設 食品、食品衛生   機械(溶接、フライス、旋盤など)    建設    ü  縫製   コンピューター、IT   電子機器   お手伝さん、 ヘルパー […]